夢や理想を叶えたいあなたへ、人生すべてが幸せになる黄金レシピ

「夢は叶うもの」

そんな前提を皆さんに持ってほしくて、
このような記事を書きました。

「夢を現実化!”叶って当たり前”になるための、3つのセオリー」


記事の中で、以下の三つのセオリーについて説明しましたね。


①自分の出来る範囲のことを最大限、努力すること。

②上のステージの人に引き上げてもらうこと。

③憧れの人の側にいること。



今日は、この記事に頂いたメッセージをご紹介します。


************
記事を読んで、「そうかー!」と思いました。

憧れの人のそばにいること、は
詩瑞香さんのそばにいれていると思っているので、マルだと思います。


婚活で、上の人に引き上げてもらえるって
どういう事だろう?

ちょっと思考が止まってしまいました。

具体的にイメージできずにいます。

************

彼女以外にも、
同じように疑問に持たれた方もおられるはず。


今日は、この「2つめのセオリー」について
説明を加えていきましょう。


どんな時に「引き上げて」もらえる?


まず、「上のステージの人に引き上げてもらう」という
言葉の説明から行きます。



自分よりも上のステージにいる人の力によって、
予想外の展開が起こったり、

自分の力では決して成しえなかったであろうことが
すんなりと実現してしまう
、ということです。




婚活で言えば、

・モテる友人と一緒にいるうちに、
男性の心をつかむコツがなんとなく分かるようになった。

いつの間にか、
自分もモテるようになっていた。


・婚活を頑張る私に、結婚後もラブラブな先輩の夫婦が、
男性の考えていること、接し方を一生懸命教えてくれた。

それ以来、
男性からびっくりするほど大切にされるようになった。


・結婚相談所の担当の人が、
私の婚活をものすごく応援して、お見合い成立のために頑張ってくれた。

結果、スピード退会することになった。


・会社の社長の紹介で、御曹司とのお見合いがセッティングされ、
電撃結婚することになった。

半年後、誰から見てもザ・セレブ妻になっていたw


こんな感じですね。



なんとなくイメージは湧きましたか?



他力本願は良くない


ポイントは、

こちらが「引き上げてもらおう」としていたから
引き上げられたのではなく、

「いつの間にか、引き上げられていた」いうことです。


こちら側の意図はなかったんだけれども、
結果として引き上げられた。


つまり、このセオリーは、
結果論でしか語れないのです。




ただ、たいていの場合は、
「応援してあげたい」「力になってあげたい」という気持ちを
こちらに持ってくれています。


ここが大切!!!


つまり、強いて言うならば
「応援したい」と思われるような存在になればいいのです。



誰かのために力になりたいと思う時


さて、あなたはどんな時に
誰かを応援したくなりますか?

スポーツ選手でも、後輩でもいいです。


確実に言えるのは、誰しも
下心が見えかくれする人の応援はしたくない!
ということです。


お金が欲しい、コネが欲しい…などのエゴ、
つまり下心が見える人。




特に、お金や地位を築いている人は、
下心を持って近づいてくる人間にすぐ勘づきますし、

もはやそんな人たちに飽き飽きしています。



ただその人のために何かしてあげたい、

何も見返りもいらない。



そう人が思うのは、

「ひたむきさ」

に心を打たれた時です。




あるいは、

「純粋さ・情熱」

に心を動かされた時。



一緒にいる時間が長い人に、似てくるもの


もちろん、その人に「応援しよう」という意図はなかったものの、
結果的に自分が引き上げられる場合もあります。


先ほど挙げた、
「モテる友人と一緒にいることで、
いつの間にか自分もモテるようになっていた。」がわかりやすい例ですね。


これは、他に共有するものがあったりして、
その人と一緒にいる時間が長かった。

結果として、
いつの間にか引き上げられていた、というパターン。



この場合は、その人に、

「一緒に時間を過ごしたいと思ってもらえていた」

というのが重要なポイント。


そう思われた理由は、
何らかの「心地よさ」を与えられていた、ということ。


ユーモアや癒しなど、
その人にプラスの影響を、まずこちら側から先に与えていたということになります。


だからこそ、可愛がられたり、仲良くなって、
一緒にいる時間が長くなったのです。



上のステージの人に引き上げてもらえる時


まとめると、

「引き上げてもらう」のは結果論だが、


それが起きるのは、

・ひたむきさ・情熱、純粋な思いがあった

・相手にとって「一緒にいたい」と思われるような存在だった

このような場合です。



ですので、

・ただ純粋に、一生懸命、目標に向かって頑張る。

・人から何かをしてもらおう、エネルギーを奪おうとする姿勢で生きるのではなく、
常に自ら、周りに与えようという精神で生きる。


このことを、
心の片隅にでも掲げておいてもらうと、
大きなチャンスに恵まれることが増えると思います。


ただし、あくまでも結果論なので、
自分がトクをするために周りに優しくする、というのは下心です!



あとは、
「引き上げてもらえた」と感じられる感謝の心がある、というのも
重要なポイントです。


頑張っている私はすごい、
私の実力で結果が出たのだ、という考え方は、

実はとっても自己中心的で、応援されにくくなります。





ちなみに私の婚活では、
結婚相談所の担当者だけでなく、知り合いや親戚が、

頼んでもいないのに率先して、
私の結婚のお世話をしようとしてくれましたね。


結果的に、そのお見合いは
全てお断りしてしまいましたがw、

みんなで私を引き上げてくれようとしてくれていたんだと思います。


ありがたや〜〜!!!


そしてそこでもらった優しさ、つまりプラスのエネルギーを
誰かに、何かしらのの形で還元していこうと思っています。



きれいごとではなく、

愚直に一生懸命に生きる人、
自分を含めた「みんなの幸せ」を考えられる人が、

結果として、婚活やパートナーシップにとどまらず、
人生のすべてが幸せになるのです。









あなたの1クリックで順位が上がります!

1日1クリックで応援してね♡





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*