♡学年一のマドンナに再会して感じたこと♡

 

 

 

おはようございます。

 

小峰静華です♡

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のお話なのですが

 

なんと最寄駅から降りたところで…

 

 

 

 

 

 

中高時代の学年一番のマドンナに出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高生時代って

 

もう15年位前じゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

でも、あの多感な時期のことって

 

本当に記憶が鮮明なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業してからももう10年以上なので

 

それから一度も会っていない彼女。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知り合い、程度だったので

 

学校以外で会うことはなかったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女が目に入った瞬間

 

10メートルは離れていたけれど

 

本当にすぐ彼女だと気がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場関係の方と一緒に歩いているようで

 

おしゃべりに夢中だった彼女は

 

私に全く気がついていませんでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の目は彼女に釘付けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高時代、

 

一学年200人ぐらいの女子がいる中で

 

彼女はまさに光っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪のように白く、思わず引き込まれてしまうような

 

透き通った肌。

 

 

 

 

黒くまっすぐでサラサラの髪の毛。

 

 

 

 

程よく細くて、長い手足。

 

 

 

パッチリとした、印象的な目元。

 

 

 

キュッと尖った顎。

 

 

 

白い肌によって引き立つ、赤い唇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が見ても彼女は目立っていたし、

 

芸能事務所から声がかかりそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛い、を通り越して

 

美しいレベルだったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ高校から歌手デビューし、

 

有名になった後輩がいますが

 

その子よりずっと輝いていました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、私、

 

 

彼女とすれ違った瞬間、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝った。

 

 

 

 

 

 

 

って思ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女に、じゃないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”自分自身の人生と、

 

自分自身の運命に”

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大げさな表現かもしれないけれど

 

本当にそう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高生時代の自分を走馬灯のように思い出したんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃の私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニキビが出来て肌は汚くてボロボロ。

 

 

 

太っていて、顔はパンパン。

 

 

 

運動は全くできないし、勉強もパッとしない。

 

 

 

 

シャイで、

 

男の子とほっとんど一言も話さずに中学高校を卒業しました。

 

 

 

 

 

おまけに周りはお嬢様ばかりで

 

貧乏コンプレックスがひどかった。

 

 

 

 

 

みんなは上等な洋服を着ておしゃれをしているのに

 

私はユニクロ。

 

 

 

 

 

仮に結婚できたとしても、

 

可愛くも美人でもない私は、

 

お金持ちと結婚することは無理。

 

 

 

 

自分で貧乏から少しでも抜け出すために

 

医者になろう。

 

 

 

 

そうすれば両親の希望も叶えられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことなんて全く好きじゃなかったし、

 

一生、自分と生きていくってことに

 

心底ウンザリしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな自分と真逆な彼女。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はまさに雲の上の存在でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、昨日思ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の方がいい。

 

 

私は私がいい。

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学3年生の時には

 

すでに

 

一生自分と生きていくのか、っていうことが

 

途方もなく長く感じたし

 

いやだったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなマセた❔小学生だよって話ですがもやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから20年近く経って

 

”私は私がいい”

 

そう思えて

 

 

 

他人がどう思うかは別にして

 

自分の方がいい、って思ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

彼女の方が

 

もちろん素材そのものは良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、昔よりマシになったとはいえ

 

顔は相変わらずパンチクリンだし

 

お腹は出てるし笑

 

 

彼女みたいにスラッとはしてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、彼女と私を比べたら

 

『彼女の方がいいよ』っていう人もたくさんいると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今の私なら

 

 

 

彼女がもし側にいても

 

臆さずに

 

 

 

『私結構イイ奴だし、可愛いとこあるよheart6

 

一緒にいたら絶対楽しいし、飽きないよ、

 

 

 

ってアピールできると思う。

 

 

 

 

 

 

仮に目の前にいる人が男の人だとしても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

 

苦しくて長い年月をかけて

 

地道にほんの少しずつ

 

自分を自分の好みにカスタムメイドして

 

 

『彼女より、私の方が、私の好みじゃん』

 

 

 

って思えるようになったんです。

 

 

 

 

 

 

私の感性に合った自分になるために

 

時間を積み上げてきたから

 

当たり前といえば当たり前なんですけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分も肌が白いんじゃないか、

 

自分の伸ばすべきところはココだびっくりマーク 

 

 

 

 

そう思ってスキンケアに収入に不相応かしれない

 

お金も時間も手間もかけてきたし

 

 

 

ダイエットもした。

 

 

 

 

 

 

 

外見に限界はあるけれど

 

中身はどこまででも変えられると思って

 

本もたっくさん読んだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ変わってきた自分だから

 

うまく気づいてなかったけれど

 

 

彼女に会うことで

 

私は過去の自分に

 

 

めちゃくちゃ久しぶりに会ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

そして自分を”愛おしい”と思えるようになっている自分に

 

気がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一年前までは

 

本気で整形しようかと思ってたくらいだったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生って変わるし

 

変えられるんです。

 

 

 

 

 

自分を否定して消し去る必要はなくて。

 

 

 

 

 

 

自分そのものは変わらないし

 

変えられないけれど。

 

 

 

 

 

 

 

私は不器用すぎて

 

時間がかかりすぎたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

わけわかんないような

 

遠回りもいっぱいしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こんな私だからこそ

 

何か皆さんに伝えられることがある。

 

 

 

 

 

 

そう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はお休みの人も多いハズ!

 

 

 

素敵な1日になりますように流れ星

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤薔薇私のイチオシ‼︎ LINE@の配信は今日はお休みです赤薔薇

 

 

ブログ以上に濃い内容を平日の毎朝11時に配信しています。

 

気になった方はクリックしてみてくださいね!

 

1:1トークも気軽にできるし楽しいですよハート

 

友だち追加

 

 

 

※配信停止はいつでも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*