あなたは気づいてる?理想通りの彼と結婚しようとすることで失うこと

男性に完璧を求めることの意味


先月まで続けていた、LINE@配信ですごく反響があったメッセージがあります。

「男に全てを満たしてもらおうとしないこと」


このメッセージに反響があったことに、
私は心底ビックリしました笑

みんな、完璧な男を求めてたんだ!


相手に完璧を求める、ということは、
あなたは誰かを完璧に満たせるってこと?


相手に求めることは、
自分がそういう目で見られたり、評価されたりするのを
受け入れるってことになります。

当たり前だけどね。


そのプレッシャーに耐えられる人って
どのくらいいるんだろう?って思っちゃう笑。


自分にも相手にも
完璧を求めないのが幸せの秘訣!です。



結婚に妥協は必要?


私は、婚活するときには
最低限はずせない3条件を見つけよう、と言っています。


それ、みんな
「その3条件以外は妥協しろ」って意味だと思ってた?


”全てを男性に満たしてもらおう”としていた人が、
こんなにもいたってことは…

皆さんそう思っていたのかなぁ?
と思って、しばしボーゼン。


え?違う?
ううぅ…誰か私にお返事ください涙


結婚相手の最低限はずせない条件を3つに絞ることは
妥協ではありません。




逆に、
「私の理想の条件、全てを満たすような彼とお付き合いしています!」

「そんな彼と結婚しました!」

と書いている文章をブログや本でよく見かけるけれど。


もしかして、皆さんそれを鵜呑みにして、
羨ましいと思ってます?

大丈夫?


そんなのを
本気で羨ましがる必要ないです。

あなたが本当に幸せになりたいのなら。


まず、その条件ってどんな条件なのか?
って話ですよね。


もしかしたら、
容姿についてとか、優しいとか、次男とか、年収1000万とか、
そんなのかもしれませんよ。


今私があげた条件全てが、
表面的なものでしかない、ということに気がつきますか?




理想の条件より大切なこと


男性に求める理想の条件は、多くの場合、
外的条件が多いです。

それを求めることは、
結婚に”ブランド感”を求めているのと同じ。

エルメ○を持って、
イイ女になった気分になるのと一緒!笑!

(もちろん私もエルメ○のバッグは欲しい笑)


でもね、対モノ、と対ヒト、は
同じではないわけで。


対ヒトの関係によって感じる幸せは、
その”関係性”から感じるものです。

あなたの親友は、
彼女が一流大学を出たご令嬢だから?

違うでしょう?


男女関係に限らず、
永く続く、深い人間関係には
かならず”リスペクト”、つまり尊敬の念が必要です。


そして、お互いが
本質的な意味で”対等”でなければ
続いていきません。


どちらかが相手を小バカにしていたり、従属させようとするような関係は、
健全ではないし、続きません。

虐げられた側が
かならずいつか爆発するからです。


もちろん、
世の中にはしがらみが沢山あります。

仕方なく続く夫婦関係なんて、
掃いて捨てるほどあります。



どちらかが強く、どちらかの尊厳が脅かされるような関係は、
形としては夫婦でも
実質は崩壊しています。

わかりやすい例が、
家庭内別居やDVですね。



最後に


私は皆さんに、
精神的に満たされるような、意味のある結婚生活をおくってもらいたいと思っています。

精神的に満たされるために、
パートナーの外的な要素はほとんど関係ありません。



なによりも、
パートナーと対等な関係を築けるがどうか?です。


対等な関係を築くのに、
あなたの年齢も、学歴も、収入も、家柄も関係ありません。


いくら外的条件がよくても、
対等な関係を築けないと感じる相手とは結婚しない方がいい。


対等な関係というのは、
お互いがお互いを同程度に尊重するってこと。


お金を稼いでいる方が偉いわけでも、

高学歴な方が偉いわけでも、

ましてや、
だから偉いわけでもない。



多くの女性が
外的条件に目がくらみ、

そのシーソーのアンバランスさに目をつむって
結婚するんです。


そのシーソーの不安定さ具合に
早く気が付いた方がいい。



だからね、理想の条件をすべて満たした彼と…という話は、
別に羨ましがる必要はないです。

だって、彼女が本当に幸せかどうかわからないもん。

この瞬間、は幸せかもしれませんよ?
長くて3年は。


でもその瞬間の幸せを得るために
「結婚」するかなぁ。

私なら、いらないな。

そのあとの50年ぐらい続く、
修行僧みたいな生活は嫌だもん。



”生きたブランド物”を手に入れるための「結婚」、
その代償は大きいです。

だって相手には、
意思も感情も私たちを同じようにあるから。


離婚するとなっても、
色んな思いや思惑が交錯する。周囲を巻き込んで。

苦しいことは間違いない。



エルメ○を売るみたいに、
嫌になった時点でブ○ンディアが高価買取してくれて
パッと手放せるわけじゃないから、ね!


あの会社は、ご丁寧に家まで取りに来てくれたんじゃないかなぁ笑。



というわけで今日はここまでです。


素敵な週末をお過ごしくださいね。









小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*