”理想の結婚”を叶えるより確実な、揺るがない幸せを手に入れる秘訣

貪欲に生きる女性たち


美しくありたい、美味しいものが食べたい。
リッチな空間が好き。

豊かで幸せな家庭も築きつつ、
社会とのつながりも持ち続けたい。


男同士で一流ホテルに宿泊、なぁんて聞いたことはないけれど、
高級ホテルのスウィートルームで女子会をしてみたり、
一流ホテルでランチをしてみたり…

女性の方が実は男性よりタフで、
しかも欲望に忠実な人が多い気がします。



欲望は肥大していく


高校生の時には、
月に2万円もお小遣いがあれば夢のようでした。


でも今は?


自由に使えるお金は5万円でも10万円でも
もの足りない。


もっと綺麗なバッグを、
もっと上質なお洋服が欲しい。

もっとリッチなデートがしてみたい。


夜景が綺麗な一流レストランに連れて行ってもらいたいし、
毎年あっと言わせてくれるような誕生日プレゼントが欲しい。

もちろん送り迎えは彼の外車でね。

それぐらいの経済力がなきゃイヤだし、
そんな男性に見合う女性にならなきゃ。


そう言いながら、
エステや習い事などの自分磨きに投資する女性たち…

貪欲な独身女性たちが、
日本の経済を潤わせている面は絶対にあります。



自分を満たす”結婚”


人の欲望というものには
限界がありません。

その事実が、経済だけではなく
人間の文明を、社会を発展させてきたことに
間違いはありません。


ただし、「結婚」に関しては
欲望のままに突っ走るのは違う、と私は思っています。



なぜなら結婚というのは、
お相手、つまり
「生身の人間の存在」があってはじめて成り立つものだから。

人を相手にしながら、
自分を”満たすため”に結婚するのってどうなんでしょう?


”理想”の名のもとに、
自分の「欲望を満たすための手段」として
結婚を捉えている女性が多すぎる。

そんな気がするのです。



「理想の条件を満たす男性を探そう、
そんな理想の男性から溺愛されて結婚しよう!」



婚活の情報発信に関しても
このような内容のものが多いですし、
人気がありますね。


でも、そこには
「己を満たすための欲望」が渦巻いています。


彼が理想通りかどうか?は
あなたの勝手な判断ですし、

溺愛されるかどうか?は結果論です。



「地に足をつけた幸せ」とは


皆さんには、
理想の男性像や結婚の条件を掲げる前に、

モノやお金、名誉や地位、権力や成功…
これらに頼らない”幸せ”について
考えてみて欲しいのです。


そこに現れるのが、
あなたのコアにある”幸せの形”、

「地に足をつけた幸せ」です。



何もかもを失ってしまったとしても、
”それでも2人の間に残る幸せ”です。



「地に足をつけた幸せ」について考えたことのない人間が
”理想”を追い求めて突っ走ってしまうと…

それは、「欲望の奴隷へと成り下がること」を意味します。


満たしても、満たしても、満たされない、
蟻地獄のような人生を送ることになります。


一瞬満たされたとしても、
自分よりも恵まれた境遇の人を見るたびに嫉妬する、

そして満たされなくなった気持ちを満たそうと
またあがき続ける…

そんな不安定な生き方です。


そのような生き方は
本当に幸せだと言えるのでしょうか?



最後に


将来の結婚生活に夢を見ること、
理想を追い求め努力することは
とっても素敵なことだと思います。


でも、必ず「地に足をつけた幸せ」についても
考えておくこと。




あなたが心から幸せな人生を送りたい、
「永く幸せな結婚生活」を送りたいと思っているのなら。



彼がいる人は、
見た目も収入も、肩書きも…
何もかもを差し引いても、それでも彼を愛せるのか?

1度考えてみてくださいね。










ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*