いつか結婚したいアラサー女子に送る、オバ化と恋愛基礎代謝の関係性

先日カウンセリングをしていて盛り上がったお話をします。

婚活でヒジョーに、というかむしろ一番大事なんじゃないの?
と言えるレベルのお話なので、よーく聞いていて欲しいな!



今は婚活したくない

この記事を読んでくれている人たちの中にも、
色んな人がいると思うんだよね。

・いつか結婚したいが、今は仕事を頑張りたい

・子どもがどうしても欲しい!というわけではないので、
結婚に焦ってはいない

・年齢的に不利になる前に、と婚活しているが、
今すぐ結婚したいわけでもない


例えばこういう人。


でね、私は婚活カレッジを運営しているけれど、
全員が「とにかく早く、真剣に婚活したほうがいい!」とは思わないんですよ。


なぜなら、少しでも早く結婚した方が幸せになる、なぁんて言うのは幻想で、
同じ顔の人が一人としていないように、幸せのカタチってそれぞれだから


ただし!!!
「心の底からそう(上記のように)感じている場合」に限り、です。

人間という生き物は、”現状維持”と”ラク”を求める生き物なので、
〈興味がないフリをしている〉だけ、ということもよくある話で。

(他の誰でもない、自分が自分に騙されるパターン)


・婚活の”現実”
・今の延長線上に予想される未来、
・もしも?の(最悪の)シチュエーション、

それらを十分に認識した上で、
隠れた自分の本音を探っていくステップが必須だとは思うんだけど、ね!



いつかは結婚したい、あなたへ

仮に、心底「今は、まだ結婚しなくていい」と思っていたとしても、
絶対に今からしておかなきゃいけないことがある。

それが、「恋愛基礎代謝」を上げておくこと。
別の言い方をすると、「女の鮮度」を保つこと。

この2つはめちゃくちゃ重要。


言っておきますけど、今まさに「ザ・婚活中」の人には、
1000パーセント必要なスキルですから!

耳をかっぽじって聞くように笑。



例えば、です。

大学卒業してから全く運動していないのに、
いきなり「100メートル走を全速力で走れ」って言われても、無理じゃないです?

え?マジっすか?ってなりますよね。


同じく、「助走なしに棒高跳び飛んでください」っていきなり言われても、
冗談はやめて!ってなりますね。

無理です、普通に考えて。


やっぱり、ある程度、
・基礎練習ができている
・助走がつけられている

からこそ、100メートル走も、棒高跳びも出来るわけです。


これと同じことが、男女関係にも言えます。

それが、「恋愛基礎代謝を上げておく」こと、
「女の鮮度を保つ」こと。



男性と、デートしてますか?

いつも女子同士でつるんでる女の子、っているじゃないですか。
全体から見れば、そういう子が結構多いかな。


そういう女の子って、コンパに行ってもあまりモテなかったり、
好きな人が出来ると相手にドハマりしたり、突っ走って玉砕したりとか、

男女関係がスムーズに行かないことが多い。


もっと重症な場合は、もう
「オトコヲスキニナルッテ、ナンデシタッケ?」ていう宇宙人状態になる。


「今すぐ彼氏が欲しい!結婚したい!」わけじゃないと、
余計に、自分が心地の良い、女子同士のグループでまったりしちゃう。

だって楽だから。
わざわざ男性とつるむ必要がない。


そしたら、どんどん女としての、
鮮度も感度も落ちていってしまうんです。

女感、生っぽさ、”男ウケする艶っぽさ”が出なくなる。



アラサーは、20代前半女子と同じことをしていたらダメ

これが20代の前半なら、2〜3年こういう年があっても
どうにでもなります。

若いんです。感性も、身体も。


『うわぁ〜!あの人、めちゃくちゃカッコイイ!』となったらすぐ脳内ギアが入るし、

身体も若いから、内面が枯れてても男性から見て”枯れた女”にはならない。
ホルモンの面でも、フェロモンの面でも笑。

これが若さのすごいところ。



むしろ、人によったら、
意識していないのに(ホルモンやらフェロモンやらが出すぎて)ややこしいことに巻き込まれたりする時期。

やたらと気に入られたり、女性からは嫉妬されたり。



でもね、アラサーになってくると話は別。

「女としての私」を少なくともちょくちょく使っていないと、
マジで枯れてくる。

フェロモンも、オーラも枯れて、
”無性生物”になってしまうんです。



婚活も恋愛も、ウォーミングアップが必要

女として枯れてくると、
「この人、ちょっとステキかも」なぁんていう、感度も鈍る。

当たり前だけど好きな人も出来ない。


自分のことを”女だ”と意識しなくなればなるほど、
男性のことも”男だ”と意識しなくなっていくから。



女の鮮度が下がる=干物化するってことで、
要は、男性から見て「おいしそうな女」に見えない。

お声もかからない。


もう負のスパイラルなわけです。
どんどんオバ化していきます。


こうなってしまったら、
「一世一代の女の決めドキ」に走れないんです。


最高にいい男が前に現れても、気づけない。
気づけたとしても動けない。

ビッグウェーブを目の前に、棒立ちです。


チャンスの神様は前髪しかない、っていうけれど、
それはマジで本当だと思う。



いつか結婚したい、パートナーが欲しいなら、
「うわぁ!ヤバイの、来た!」って時に、自信を持って動ける状況にいなきゃいけない。


それは色っぽい目線を送るだけかもしれないし、
実際に声をかけることかもしれない。

何もしなくても向こうから声がかかるぐらいの、オーラを醸し出すことかもしれない。
(これかなり高度)


なんにせよ、ここぞ!という時にしっかりとキメれる女になるために、
「恋愛基礎代謝」は高いところでキープして、「女の鮮度」を保っておくこと。


これができていて初めて、
「今はまだ…」と言える立場にいるっていうコトだね!



最後に

これができていないのに、
「今はまだ…」って言っているのは、

単に逃げているだけか、単なる言い訳か、単なるモノグサかもしれない。


だから!
恋愛基礎代謝は、常にキープするように心がけましょ。

これさえできていたら、年齢ってほとんどハンデにならないから。
婚活でも、恋愛でもね!



P.S.
どうやったら「恋愛基礎代謝」をキープできるかって?

それは、単純に「男と女」を意識せざるおえないシチュエーションを持つこと。


デートに行く、コンパに行って誰かひっかけてくる笑、
何でもいいんですけど、
「一人の男と女」を感じる機会を定期的に持つことです。

何も、身体の関係を持ったりだとか誰かをたぶらかす必要はないので、
そこに罪悪感はナッシングで!







あなたの1クリックで順位が上がります!

1日1クリックで応援してね♡





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*