アラサー女子に伝えたい、長く続く関係を築くための”婚活マインド”

“遊びごころ”を持てるぐらいの余裕が、婚活にも恋愛にも大事かもね?というお話を
昨日はしました。

昨日記事の中で紹介した、面白い動画。
見ていただけましたか?


でも相変わらず、
私は『恋愛テクニックを頑張って学んでください!』とクライアントさんには言いません。


自分はテクニック大好き人間だったのに!笑!


私の考えが変わったその理由について
今日はお話ししていきます。

テクニックを推さない理由


その理由は簡単です。

テクニックには「効果に持続力がないから」です。


逆に言うと、
「短い時間で相手の心をつかむ」技のことテクニックだ、と私は考えています。


テクニックも外見も、そして若さも。

それらは即効性のある、瞬発力がある魅力です。


だからそういう意味では、
これら3つに秀でている人はある意味オトクです。
特に「恋愛」においては。



「恋愛」は本能のままに落ちるもの。

関係が永く続くかどうか?なんて考えずに、
気がついたら落ちてしまうのが「恋」で「恋愛」です。


でもね、このブログの読者の皆さんは、
結婚したくて記事を読んでくれているんだと思うんですよね。

「結婚」がしたい、つまり
「永く続く関係」を望んでるってこと。

そうでしょ?



結婚しちゃえば勝ち?


「即効性のある魅力で男性を捕まえて、婚姻届を提出しちゃえばいいんじゃない?」

そう思う人もいるかもしれないけれど、
結婚後どうするの?て思っちゃう。

特に、既婚者の私の立場からすると。


婚姻届は法律的に2人の関係を証明してくれるかもしれないけれど、
実際「お互いがお互いの方を向いているか」とは話は別。

結婚そのものが大事なんじゃなくて、
中身がある「2人の関係」が続くことが大事。



だから、いくら瞬発的に相手を惹きつけて結婚しても、
その関係が、形だけでしか続いていかなかったら、意味がない。

私はそう思っています。



ドキドキは一生は続かない


人間には「恒常性」というものが備わっています。

内部環境を”いつもの状態”に保ちつづけようとするんです。

それは身体的な面はもちろん、
精神的にも。


四六時中、ドキドキ・ハラハラするのは
生体の環境として良くない。

だから、恒常性を保って一定になろうとする。


テクニック、というのは
「性欲」に働きかけたり、「感情」をゆさぶったりして、相手をドキドキさせて気を惹くもの。


でも効果が続かないのは
「恒常性」が理由です。



大事なのは、
2人のドキドキが落ち着いた頃に「2人がどんな関係でいられるか」なんですよね。


中身があるイイ男なら、
恋愛が始まってからしばらくしたら
「あなたを冷静に」見る日が必ず来ます。


つまり、「あなたの内面」に意識が行くんです。


その時に、
あなたは自信を持って振るまえますか???



テクニック命だった頃


こんなにもテクニックに頼りすぎるな、と私が言うのには
自分自身に苦い経験があるから。


研究熱心で真面目な性格が災い?して、
テクニック命な時期があったんですよね。私。

でもね、テクニックありきで始まった恋愛は
ことごとく思うように続かなかった。


誰かと永く深い関係を築こうと思ったら、
相手に自分の心をひらかなきゃいけない。

そして、あらわにした自分の内面に
”持続する魅力”がないと、中身のある関係は続かないんです。


当時の私は、次々と相手は見つかるんだけど、
真剣に誰かと付き合うのが怖くなっていってた。

うまくできなかった。

それは、自分で自分を見くびっていたこともあるし、
自分の内面に自信がなかったのもあると思います。

とにかく自分の内面と向き合うことを
おろそかにしていました。



最後に


瞬間的に誰かの心をつかむ

のが「テクニック」だとしたら、
長期的に誰かを惹きつけるために必要なのは「マインド」です。



永く続くパートナーシップを築くために、
自分じゃない誰かになる必要はないんです。

新しく能力を身につけることでもない。

自分を知ること。
自分を生かすこと。

つまり、
自分自身を輝かせること。



そのために必要なのは
即効性のある「テクニック」ではなくて「マインド」です。

それを身につけるための
ほんの少しの知識と努力が大切なんです。


そのためのお手伝いがしたくて、
私はこの仕事を選んだんだって思っています。


あなたはどんな気持ちで
男性と、そして自分と向き合っていますか?






ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。




小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*