いい人探しに夢中のあなたへ「出会いの数は多いほどいい!」の誤解

「一生のことだから、後悔したくない。

妥協なんてもってのほか!」



婚活中の女性なら、
たいていの方がそう考えているのではないでしょうか。


婚活が長引いて疲れてきている方は、
「もう誰でもいいから婚活卒業したい!」
そんな風に思っているかもしれないけど、ね笑。


後者のようにもしあなたが考えていたら
ちょっと赤信号かも!!!


楽になりたいがために、
手短なところで”とりあえず”結婚したら
絶対に後悔するよ。


結婚、するが安し、
だけど離婚するのはすごーくエネルギーがいるから…!!!



出会いの”数”にこだわっていませんか?


さて、本題。

婚活中の女性によく見受けられるのが、

「出会いの数をとにかく増やそう」
とするパターン。


結婚相談所、婚活アプリに婚活パーティ、
コンパはもちろん、
いくつもアプリに登録したり。

活動の幅を広げて婚活している方、
頑張ってると思う!

素晴らしいです。


でもね、
ちょっとその”方法”については
考え直した方がいいかもしれない。



むやみに出会いを求めるのはNG!


なぜって誰しもが、
”限りある”体力と時間の中で
婚活しているワケじゃない?



一つひとつの出会い、
大事にできていますか?


お相手のことをよく知る前に
切ってしまっていませんか?




『妥協したくないから
いっぱい男性を見て、お相手を決めるのが吉じゃないの?』

そう思うかもしれないけれど、
ちょっと待って。



そもそも、
「どうしてそんなに出会いに”数”が必要なの?」



出会いの数をどんどん広げている、ということは、
めぼしい男性、

つまり真剣にお付き合いしている男性がいない、ってことでしょう?


そもそも、ある程度の数の
ターゲットになり得る男性と出会ったら、

そのなかの一人ときちんと交際してみる経験を
積んだ方がいい。

きちんと交際する、というのは、
その1人の男性と、真剣に向き合うってことね。

意識を分散させない。

そうじゃなきゃ、
見えてこないものって絶対にあるから。



ではここから、

真剣にお付き合いする男性ができずに
出会いを求め続けてしまっている、

その主な理由を4つあげますね。



なぜ交際する相手ができないままのか


1つ目。

めぼしい男性と、全く出会えていない。

この場合は、
そもそもの”婚活の方法”が間違ってるよね。

ターゲットにしたい男性が
全然いないところに繰り出してる可能性、大。


2つ目。

希望の条件が厳しすぎて、
シーラカンスばりの珍しいメンズを探している
可能性、あり。



3つ目。

めぼしい男性には出会えるが、
全く相手にされない…


数回のデートでなんとなく終了していく…


こういうパターンの場合、
出会いの数を増やす前に
男性とのお付き合いの仕方を学ばなきゃ、だよね。


もしかして?

真剣交際している男性はいるけど、
もっといい人がいるかもしれないから
出会いを求めてる?



この4つ目パターンは、
ちょっと違う意味で
”婚活”についての講義が必要だわ。



最後に


ということで、
「出会いをむやみに求めすぎていないか?」


いま1度、自分を振り返ってみてくださいね。 
 


特に、「出会いを求めること=婚活」だと思っている人は
要注意です!!!
 
 
 
 
 
 
 
ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。






小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*