婚活に謙虚さは不要!友人から学んだ”自分に正直になる”ということ

やっぱり、女性は謙虚でおしとやかな方がいい。

そんな謙虚な女性の方が結婚できそう。

あなたはそう思っていませんか?

研修医時代の友人の話

研修医時代にできた、私の友人のお話です。

彼女は、
日本でトップクラスの有名難関大学を卒業した女医さん。

彼女はドクターの中の
エリートです。

でね、なんと彼女は

「私、ドクターと結婚するために
この大学に入学しました。
そのために女医になりました。」

と同級生に公言するようなツワモノで。

面白いでしょ?

もちろん、
同期の男の子の中には、彼女をよく言わない人もいました。

そりゃそうです。

有名進学高校から、必死こいて
彼女の出身大学に入学した男の子もたくさんいるんだから。

「は?」ってムカつかれても仕方ない笑。

私も、彼女のその話を聞いた時、
ビックリしました。

と、同時に軽く感動もして。

なんたって、
彼女の目標が実に明確で、
自分に正直なところ。

そして、
あっけらかんとしているところに。

彼女の凄いところ

まず、自分の目標のためには
努力を惜しまない。

ドクターになるための
大学時代・国家試験対策の暗記量の多さは、やっぱり相当です。

地頭がいいだけでは
決して覚えきれません。

ドクターと結婚するのが人生の目標なら、
着飾ることに命をかけて、
そんな男性を落とす方法を考えるのが一般的な考え方じゃないかな?

でも、彼女は難関大学の入試を現役突破し、
厳しい進級試験に一度も落ちたことなし。

ストレートで研修医まで来てる。

大学だけでも6年。
あの難関大学に入るための勉強も入れたら、10年はゆうにかかっています。

その膨大な努力を
いとわないところがスゴイ。

その二。

彼女は”自分の”目標や目的に忠実で、素直。

でも、自分は自分、他人は他人なんです。

知り合った当初、私の彼の存在を知って
「しずちゃんの彼氏、すごーい!うらやまし〜♡」と素直に言っている彼女を見て、
びっくりしました。

私のような、ポッとでの、
彼女と比べたら何も出来ないし努力もしてないような女の子に、
「スゴイ」って言える彼女が。

女医さんって、プライドが高すぎたり、
ちょっとこじらせ系の人が多いので…

彼女の無邪気さがより新鮮でした。

そして、彼女が無邪気で入れるのは、
自分の幸せのカタチはこう、ってわかってるから。

人と比べて、
ひがんだり、妬んだりがないんです。

その他にも…

料理教室に行き尽くしたと言っていた彼女。

お家に遊びに行ったら、
本気でレベルの高いお料理を出してくれました。

着付けの師範の免状持ち。
秘書検定も1級まで持っている!

こんなに賢くて、
こんなキャラクターの女医さんっているんだ…!

そして何より、
誠実だけれどもちょっと扱いづらそう…な気難しい系の彼を、
手のひらでコロコロと転がしている彼女を、
尊敬の眼差しで私は見ていました。

自分に正直に向き合っていますか?

私は”女子力が高い”のことに価値があるとか、
結婚するためには”料理の腕”や”着物の免状”が必要とか、
そんなことは微塵も思っていません。

正直どうでもいいです。

ただ、彼女のその一貫した、
「自分の目標へ向き合う姿勢」に心うたれたんです。

もちろん、彼女も
中高大学の勉強は嫌だったはずです。

それを、
普通の人ができないような量の努力をしてる。私なんかよりもずっと。

その努力をもったいないとか、
少しでも楽してやろうだとか、思ってないんです。

そして周りの目も気にしていない。

私には彼女はとても魅力的に見えたし、
欲深いとかだなんて全く思いませんでした。

私は何のために今まで努力をしてきたんだろ?

自分の将来に夢を抱けず、
後ろ向きに「結婚してここから逃げたい」と思って生きている自分より、

彼女の方がずっとかっこいいと思った。

専業主婦になるのが夢の、
彼女と私。

(間違いなく研修医の中で浮いてた笑。)

でも、彼女と私とでは、
生きる姿勢が全く違う。

自分の目標や夢がはっきりしていて、
それにひたすら忠実で、
あっけらかんとしてる。

そんな彼女の姿を見て
すごいなぁって思ったんです。

最後に

今、このお仕事をしていてよく思うんですよ。

「どんな男性がいいですか?」と聞くと、
「自分を好いてくれる人なら」とか、「特に収入や職業にはこだわりません」とか。

とにかく
みなさん謙虚。

「え?正直に言ってもらっていいですよ。」と言っても、おっしゃらないんですね。

でもね、そんな謙虚な風の人に限って、
いくら男性にアプローチされても、

「ピンとこない。これでいいかわかんない。」って言う。

それって、本当は謙虚なんかじゃない。

突き詰めていくと、
「もっと条件がいい男性はいるのでは?」って思ってる場合が多いんです。

欲深いって周りに思われたくないかもしれないけれど、バレてます。

これが日本人の美徳ってものなのかもしれないけれど、
私はどうなのかな?って思う。

でね、そういう風に自分の欲望を隠していると、
愚直な努力ができないばかりか
周りの協力も得られないんですよね。

欲しいものは欲しいって言う。
自分で自分の欲望や夢を認める。

自分から言ってまわる必要はないけれど、
どんな目標にだって
謙虚に努力し続ける人には味方や応援してくれる人ができるんです。

そして結果として、
その夢も目標も自然と叶いやすくなるはずです。

でね、私の友人は、
研修医を終わって”すぐ”
長く付き合っていた彼と結婚しました。

一度も就職することなく。

私も、彼女の夢が叶って
本当に嬉しかったのですが。

久しぶりに会ったら、
「しずちゃん、私さ、院長することになったよ〜。」って言っててビックリ!

なんせ、買ってもらった新築マンションでの専業主婦生活が
ヒマすぎたらしいです。

ただ、彼女は
やると決めたことに素直でまっすぐなので、
きちんと仕事をしているはず。

ね、面白い彼女でしょ。










ブログランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。







小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*