恋愛体質=依存体質!1人でも生きていけるあなたに婚活を勧める理由

さて、今日のテーマは
「私たちは一人でだって生きていける」です。

なかなかの濃いテーマで始まります。


今恋愛中の人、絶賛恋人募集中の人からすると、
あまり理解できないお話かもしれません。



恋人がいなくても、幸せですか?

「彼がいなかったら生きていけない!」
「恋愛していない生活なんて、死んでいるのと同じ。」
「一人の休日なんて、寂しすぎて無理。」

そんな恋愛体質の人からは、総スカンを食らいそうなお話をします笑。


思いきってぶっちゃけますと、
恋愛体質の女性のほとんどは、ただの”依存体質”です。


”恋愛体質”という言葉は、
なんだかロマンチックなもののように聞こえるかもしれません。

が、極上の言葉のオブラートに包まれただけで、
実際のところは決して羨ましがるようなものではないのです。


(感性が豊かすぎるが故の、恋愛体質な女性もいるとは思いますが、
残念ながら、私はまだそういう女性にお会いしたことがないです。)


恋愛体質な女性がする恋愛は、
どれも熱く燃え上がるものの、結構な短期間で燃え尽きます。

つまり、結婚向きの恋愛ではないということですね。


ですので、

「家族や友人と過ごす長期休暇には飽きてきたが、
でもそれはそれで楽しい。」

「ショッピングや自分の趣味に忙しいので、
寂しさなんて感じる暇はない。」


そんな世の女性たち!
自分自身に誇りを持ってください。



それで当たり前です。

それがノーマルなのです。



女性という生き物は、一人でも生きていけるのです。
しかも結構楽しく!!!

(逆に、一人では何も楽しくない、という方は、かなりの依存体質の可能性がありますので要注意。)



女は、女だけで幸せに生きていける生き物

ほんの50年ほど前の時代には、
そんなライフスタイルは不可能だったかもしれません。

なぜなら、女性には、
社会的地位も、経済力もなかったからです。


家を守り、子どもを産むことが女の仕事だと言われ、
学問をすること、学校に通うことを悪のように言う人たちさえ多くいました。

女が、男よりも賢くなっては困ったのです。


ですから、誰かの嫁になる以外に
私たちは生きていく方法がなかった。

(もちろん、中には先進的な家庭もありました。)


でも、今の時代は違います。

男女平等が叫ばれ、女性の社会的地位は向上、
学歴も、収入も、昔と比べればずっと得やすい環境になりました。

つまり、少なくとも一人で生きていける分だけの経済力は、
女性であっても持てるようになったのです。



男性と女性は違います。

男性は、女性がいないと、
いくら稼いでいようが生きがいを持って生きていけません。

生物的としても、精神的にも、
男性は女性よりも弱いのです。

(奥さんを早く亡くした男性は、早死にすると言われています。
男児の死亡率・平均寿命からもわかりますね。)


一方で、女性は、男性がいなくても、
女同士で楽しく生きていけます。

それが女の強さです。



あなたが幸せになるのは、あなたのためだけじゃない

その女の強さが、現代の未婚率の上昇につながっているのは、
正直なところ事実です。


でも、私はこの現状を変えていきたいと本気で思っています。


既婚率が上がれば日本の人口が維持できるから、
なんていうことを言いたいのではありません。

「人生がもっともっと豊かになる」
からです。


一人でも幸せです。
友達と旅行に行くのも楽しい。


でも、かけがえのないパートナーと過ごす結婚生活を持つことは、
人生に比較にならないほどの深みを与えてくれます。


結婚することで、
一人の時間や一人の楽しみ、友達と過ごす時間を犠牲にする必要はないのです。


喜びは二倍に、いや三倍にも四倍にもなります。


私の感覚でいえば、単に喜びの量が増えるというよりも、
もっと高次元の、何層にも重なった、もっと深みのある喜びを知っていくイメージです。


世界がぐっと広がって、生きているのが楽しくなります。
世界の見え方が変わります。



今までは、忙しすぎてなんとなく過ぎていった日本の四季も、
二人の生活の中で、行事を大事にして、季節を味わうお料理を作って、お散歩に行って…

それだけで毎日が楽しい。


なんとなく過ごしていた年中行事も、
両家に行くと、両家の文化の違いがわかって楽しい。

それぞれの両親が、何を大事にして、何に苦労して
私たちを育ててくれたのかがわかるようになりました。


もちろん悲しみは、二分の一にも三分の一にもなります。



女は、もっとわがままに生きていい

人間には、欲があります。

もっと幸せになりたい、
もっと広い世界を感じたい、
もっと人生を楽しみたい…


そういう欲や願望を大事にしてください。

見て見ぬフリをするのではなくて、
本気で叶えようとしてください。


人類が「鳥のように空を飛びたい」と願った時に、
『いやぁそんなことしなくても、今の生活で十分幸せだよ。』ともし皆が思ったら、
今の豊かで便利は世の中はないはずなのです。


欲や願望を大事にすることと、
欲に溺れること・強欲に生きることとは違います。



周りを犠牲にして、自分のためだけに欲を満たそうとしたら、
それは強欲です。


でも、自分も、周りも幸せになる欲の叶え方をしたら、
それはみんなのためになるのです。



あなたが、あなたにとっての最高のパートナーと、最高のパートナーシップを築けば、
あなたの周りの人も幸せになります。



二人の間のプラスのエネルギーの循環が、
本気で世界を変えるかもしれない。


現に私はそれを実感していて、
仕事の仕方も変わったし、カレッジを始めることにもなった。

両親や、友達との関係も変わりました。


自分の周りが、どんどん幸せになって、
波紋が広がるように豊かになっていくのを感じています。



最後に

女性が、生きていくために、あるいは体裁のために結婚をする時代は、
もう終わりました。


これからは、より高次元な、
もっと豊かで満たされた世界を目指して結婚する時代なのです。


自分の欲に、自分の夢に、
もっと正直に生きていきましょう。


女はもっとわがままに生きていい。


これからの世の中を変えていくパワーも、
私たち女性たちの中に、いや私たちの欲望の中にある。

そう感じています。 
 
 
 
 

あなたの1クリックで順位が上がります!

1日1クリックで応援してね♡





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*