アラサー婚活女子必読!誰でも必ずキレイになれる、究極の”美人論”

『誰がなんといってもどーしても、やっぱり美人になりたい!』

そんな婚活女子のためのメッセージを
今日はお送りしたいと思います。


昨日のメルマガで、
婚活における「外見」についての私の考えをお話ししました。


雑誌やテレビを見ていたら、
「婚活には外見が大事だ」って刷り込まれがち。



でも、
「外見」は大事だけれども、
あくまで上っ面の話でしかないんです。

「外見」を過度に重視するあまり、
間違った方向性に努力をし続けたり
あるいはキレイになる努力を放棄したり。   

それってすごーーーくもったいない。


今日はそのお話の続きです。

美人も色々ある


婚活にいそしんでいた頃。

周りの男性たちの”女性に対する発言”を
耳をそばだてて聞いてました。


そこで気がついたのは…

彼らがいう「美人」って、
私たちが思う「美人」とはちょっと違うぞ?
ってこと。


そして、
世の中の「美人」の定義はひとつじゃない。

いろんな美人がいるな、ということにも
気がついたんです。


”顔の造作”が整った美人、
”雰囲気”美人、
”女性から見た美人
”男性から見た美人
”写真で見た美人
”動画で見た美人

とかね。





婚活中のあなたが目指すのは?


婚活中の女性に、目指してほしい「美人」。

それは、
実際に会って話して、感じる「美人」です。



モデルを生業にしているわけではないのなら、
「静止画で美人」でも意味がない。


婚活なら、
お見合い写真の中でだけ「美人」でも、ね。


デートをして、一緒に時間を過ごして・・・

その中で「美人」でいたい。



そして、何よりも
男性から見て「美人」がいいですよね。


”動いて”、”話して”、
そして”男性”から見て「美人」。



これを作るのはね、
難しそうで、実は簡単です。




男性のミカタ


なぜって、彼らは女性のように、
細かいところをじーっと見ないから。


もっと、鳥瞰の目なんです。


私は芸能人を見ても、
すぐに
『あ、鼻がイマイチ。』
『シリコン入れたなこりゃ。』

とすぐわかります。



でも彼らは
女子の”オーラ”や”雰囲気”を見ています。


『鼻へんだよ?』と言っても、
『確かにそうかも?』でスルー。

ちょっと太ってても、
『ぽっちゃりやなー。』ぐらい。 


可愛いと感じたらよし。キレイ風ならよし。


「全体として可愛いか?キレイかどうか?」が問題で、
細かいところは気にしてないです。



もちろん、細部にこだわる男性もいます。

「目は大きい子がいい」
「背が高い子が好き」
とか。


でも、彼らは素直なイキモノなので、

タイプではない女のコにクラッといって
そのままいつの間にか結婚したりしています笑。


なので、
婚活で有効な「美人」になりたければ、
細部にこだわりすぎても無意味です。



自分の顔かたち”そのもの”にこだわりすぎても
意味がない。


そこに深刻に悩むくらいなら、
毎日30分、部屋の掃除でもしていたほうがいいです笑。




【3】美人になる方法

じゃあ、
男性が「美人」とらえる
”オーラ”や”雰囲気”はどうやって作るのか?



ファッションに気をつける
ステイルアップのためにダイエットをする
笑顔を意識する
心を満たされる生活をする
メイクの腕を磨く
ウォーキング教室に通う
「男性にモテる自分」を潜在意識に刷り込ませる
何かに夢中になる
エステに通う

色々あります。
どれも間違っていません。



でも、今の私が思う、究極の”美人論”

それは、一生、
「永く飽きさせない魅力を持つこと」


そのためには、
「自覚的に生きること」が必要です。


自分の足で人生を歩んでいる、と意識すること。

周りに果たせる役割について考えること。

自分の人生は、誰のものでもなく、
自分が作っていくものと考えること。


このように考えている人は、
もともとの生まれもった素材がどうであれ、
美しく見えます。



男性も同じです。

自分の仕事に誇りを持って、
自覚的に生きている人はかっこいいし、オーラが出てる。


存在やオーラの輪郭がはっきりするんです。

顔つきもシャープになります。


そこいらへんのエステで小顔マッサージするよりも、
ずっと効果があること間違いナシ。


高校の時、国語の女性の先生が、
『美人になりたければ勉強しなさい。』と言っていたのを、
『バカじゃないの?』と思って聞いていた私。

今なら
先生が言いたかったことがわかります。


勉強でなくてもいいです。
自分の課題、自分の人生に真摯に向き合って生きること。

目標に向かって自分を律すること。
努力を厭わないこと。


どれも、自覚的に生きることの一つだと思います。




【4】最後に

突き詰めたらね。

男性にモテたいのなら、
「美人」である前に
男性にとって「魅力的」であればいい
んです。


魅力の一つが、
見た目の「美人」、に過ぎません。


自覚的に生きれば、
その人の存在自体が魅力的になります。

深い話もできるし、何より話していて面白い。

だから長く一緒にいても、飽きない。

そんな魅力に繋がっていきます。


「美人」になりたいのなら。

まず、自分が
「自覚的に毎日を過ごしているのか?」を意識してみてください。


意識し続けることで、
あなたのオーラが、雰囲気が変わります。

そして、あなたの会話の内容も変わってくるはずです。



”動いて”、”話して”、
そして”男性”から見て「美人」。

永く飽きさせない魅力を持った本物の「美人」を
一緒に目指してみませんか?








ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくお願いします!





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*