高学歴・高収入女性は結婚に不利?ハイスペ女子に伝えたい真実

コンパで男性に、
「すごいなぁ!」と言われるのにウンザリする。



女性としてではなく、
「なんかスゴイ人」扱いされている気がする。


「頭がいい人」カテゴライズされるのがイヤ。




女性も男性と同じように、
“上”を目指す人が増えているこの時代。


同じように感じている女性は
多いんじゃないでしょうか。



実際に私の周りには、
こう漏らしている女性が多いです。



はい、かくいう私も
昔は同じように思っていました笑。



でもね、私はいつの間にか、
そういう周りの声に
すご~く違和感を感じるようになったんです。

私の苦い体験


20代半ばに行った、
同年代の会社員の方とのコンパ。


そこで、
「研修医です。」と言ったら、


前の席に座っていたメンズ2人の
『へぇ…。すごいね。』という
ぎこちないような、冷めたリアクション。


この空気感、引かれてる?


一瞬にして彼らが、
5メートル以上先の
遠くの方に座っているように見えた。



私は、男の人に
「すごい」って言われたいわけじゃない。



密かに傷ついた私は、
『同業以外の男性とのコンパには
2度と行かない!』と決意しました。


なぁんていう、過去が
私にもあったりします。




女子の職業コンプレックス


私の仕事は、
男性が聞いて惹かれるような、
可愛い職業じゃない。



会社の受付とか、秘書とか、客室乗務員とか、
”女らしい”イメージの、
”美人”オーラをかもし出せる仕事がいいんだろうな。



男は「医者」とつけば、
白衣を着れば、3割増しでモテる。

なのに、私たちは
口にするだけでマイナスになる。



同じように頑張ってきたのに、
どうしてこうも扱いが違うのだろう?


男と女で、
どうしてこんなにも不平等なんだろう?



そんな風に感じていました。




今の「私と仕事のカンケイ 」


今になっては、
ドクターという自分の肩書きは、
”私のチャームポイント(?)”です。



特にアピールする気はないのですが、
(ブログでもそう。)

私という人間の、
大切な1つの個性だと思っています。



まだまだ1人前と言える自信はないけれど、

大学に入るまで、
資格をとるまで、
そして一通り診療ができるようになるまで…


私の人生の、ほとんどの時間と労力を
費やしてきました。



私の努力の”結晶”であることに
間違いはないです。


だからすごく誇りを持っているし、
私という存在に欠かせない1つのピースです。




そんなにあなたはスゴイのか


と同時に、
それ以上でも、
それ以下でもないと思っています。



自分が周りよりもスゴイとも、
優秀だとも思いません。


誇りを持っているけれど、
特別なプライドは持っていないんです。




職業や学歴のせいで…と漏らす女性に
私が違和感を感じるようになったのは、

私自身に、
意固地なプライドがなくなったから。


そんなプライドに
意味を感じなくなったからだと思います。





今から思えば、当時の私は、

「勉強ができる自分」
「頑張ってきた自分」

他にも「医者の卵である自分」…



全部、認められたくて仕方なかったんです。

世間に、周囲に、
そして何よりも男性たちに。


でも、自分が思うように評価されない、

同業の男性と比べて評価されない現状に
イライラしてた。



私の優秀さを
「価値あるものだ」と認めて欲しい。


私の「女性としての魅力」の1つとして
評価して欲しい、と。


でも、今はそんな気持ちはないです。



私には、ちょっとした勉強の才能が
あったのかもしれない。


そして、
たまたま勉強をする環境に生まれた。


そして、好むとも好まざるも関係がなく、
勉強する以外の選択肢が見つからなかった。


6年間大学に行って、資格を取った。

ひたすら頑張った。


ただそれだけなんです。




職業も学歴も、タダの経歴


私の努力の方向性が”勉強”だっただけで、
スポーツをがむしゃらに頑張った人もいる。


学生時代はぼーっと過ごしたけれど、

働きだしてから
仕事に夢中の人もいると思う。


みんな、それぞれに自分の分野で頑張っていて、
能力を伸ばしてる。



誰が特別すごいとか、
ないんです。


他の人が頑張ってきたことは
私にはおそらく出来ない。


もともと私自身には
すごーく偏りがあって、

みんなが当たり前にできることも
結構できないことが多いです。



バイリンガルの女性に、

『私ってバイリンガルだから、
男性にスゴイって言われてしまうんです。』って相談されたら、

『それで?』ってなると思う。


同じような違和感を、
私は彼女たちに感じるんです。




職業も学歴も、
単なる経歴の1つでしかなくて、

収入も数字でしかない。


ましてや、それで人の価値や能力、魅力が
はかれるワケじゃない。


単なる1つのバロメーターなんです。




私の「男性との付き合い方」


そう思うようになってから、
「すごいね~。」と男性に言われても、

「へへへ。ありがとう!」って感じ。



職業や学歴、収入が原因で、
女性扱いされなかったこともない。



逆に、
そのせいで女性扱いしてもらえない!
と思っている人に聞きたい。


そもそも、
女性として扱われていないのは、
本当にそれが理由?




職業や学歴、収入のせいで女性扱いされない…

というのは、ある意味すごーく、
自意識過剰なんじゃないだろうか。


自分のことを、心のどこかで
周りの男性たちよりも「上だ」って思っていませんか?





最後に


男性は、
女性の職業や学歴や収入を意識します。

自分よりもその点で上回られると、
居心地が悪く感じるのは、ある。


でもその本心は、
その点で女性にバカにされたくないから。

それが1番。


女性がどんな経歴の持ち主でも、
その態度次第で、
彼らは安心して心の鎧が解けるの。



そして、
あなたがその男性を
男性としてリスペクトして丁寧に扱えば、

あなたも同じように扱ってもらえます。



周りは自分の鏡、というけれど、
本当にそう。



あとね、もうひとつ。


学歴うんぬんの前に、
あなたには”女としての可愛げ”がありますか?

持とうと意識していますか?



何も意識せずに、
待ちの姿勢で許されるのは20代前半まで。



どんな空気感をまとって生きていくか?

どんな風に男性に扱ってもらうか?

は自分で決めるの。


決して、自分の経歴を
逃げ場にしないで。


そして何より。

自分の経歴、努力の結晶に、
あなた自身が誇りを持って生きてくださいね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。






小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*