彼との未来に結婚はある?別のひとを探そうか悩むアラサー女子への忠告

結婚までたどり着けないあなたに伝授。”現実”との正しい向き合い方に引き続き、
今日も「行動」についてのお話を
していこうと思っています。



昨日は、どちらかといえば
「今は彼がいない方」へのお話だったのですが、


今日は、
「彼がいるんだけれど、
婚活を始めようか悩んでいる方」へ

お話をしようと思っています。

彼がいるけど婚活?


彼がいるけど
婚活を始めようか悩んでいる人。


「彼に結婚する気があるかわからない」

「このまま付き合っていても
結婚に結びつくのかわからない」


がよくある理由です。


 

どの場合も、

「彼が好きだけど、結婚はかなわない可能性がある」

これが婚活の理由になっています。


動機が消極的なの、わかりますか?



このような場合、残念ですが、
婚活が大した成果を生まない可能性が高いです。

むしろ、逆効果を生む可能性すらあります




婚活って正直、消耗する



「彼」という”究極の保険”を持っていると、
真剣な婚活ができません。



なぜなら、
「彼」という、なれ親しんだ
”居心地のいい逃げ場”があるからです。




婚活というのは、正直、
お金もかかります。

体力も使います。

もちろん時間も費やします。




中途半端なノリで婚活の場に出たところで、
金銭的・体力的・時間的ロスになるだけです。



それどころか、
中途半端な目的のまま婚活市場に出ると、

「やっぱり彼ほどの人はいないかも…」という結論に達しやすい。


結果として婚活が、
時に”先の見えない関係”にハマっていく、
キッカケになってしまう可能性すらあります。



良かれと思ってしたことが、
結婚を遠ざけることになったら辛いですよね。





意味ある行動をしよう


まず自分が1番優先したいことを
洗い出しましょう。


自分の心に聞いてみる、といった方がいいかもしれません。


「自分はいったい
何を1番求めているんだろう?」


それを知ることです。




『今の彼と〇〇歳までに結婚したい!』

という人は、


「彼と」一緒にいたいのか?

それとも
「結婚」がしたいのか?



「彼と」結婚したいのか?

それとも
「〜歳までに」結婚したいのか?



問題を因数分解して
自分に問いかけてみることです。


順位付けできたら
なお良いと思います。





何を選んでもリスクはある


「彼と結婚する!」と決めた人は、

粘りに粘っても
彼と結婚できなかった場合のリスクを覚悟しなければなりません。


(ふと我に返った時には、
あなたの結婚適齢期は
すっかり通り過ぎているかもしれません。)



彼が結婚になびくように
ばれない範囲で最大限の努力をすること、

かつ、彼の気持ちが変わるのを
忍耐強く待つ必要があります。



「〇〇歳までに結婚する!」と決めた人は、

大恋愛の末の結婚ではない可能性を
十分に知っておくべきです。


逆算をして、いついつまでに結婚相手と出会うべきか?を知り、
新しい出会いに全力を尽くす。




彼がいながら婚活をする、というのは
モチベーションを保ちながら行動を続けるのに
難しいシチュエーションです。



中途半端な婚活は
自分の首を絞めるだけ。




目標は1つに絞ることを
オススメします。




何を選ぶにせよ、
目標を絞り、リスクを覚悟しなければ、

全力で向き合うことができず、いい結果が生まれにくいのです。







欲張りなあなたへ


『今の彼と〇〇歳までには結婚したい。』

こう考える多くの女子が、

問題を因数分解できないまま
焦ったり不安になったりしています。


そして、彼を結婚になびかせようと
躍起になります。



が、その姿勢は
時として2人の破局を早めるだけです。



『僕と結婚したいのではなくて、
”結婚がしたい”んだ。』


と受け取られてしまうからです。



あくまでも、
彼が「いつ誰と結婚するか」は、
彼が決める問題です。


あなたが逆プロポーズしてもいいのですが、
どちらにせよ
彼のYESがなければ話は始まりません。


彼には”彼の人生”があるのです。




自分の人生に欲張りなのは自由ですし、
どんな夢を描いても構わないのですが、

こと結婚に関しては、
相手の希望とタイミングがあるのです。



とにかく自分の思い通りにしたい!
私の夢を叶えたい!


それはあなたのエゴです。




『彼と結婚したい。
〜歳までに結婚したいという思いも捨てきれない。』



そんなあなたはとにかくその思いを
彼に話してみることが第一です。



それでも彼の重い腰が上がらなければ、
あなたは
ワンランク上の”女の強さ”を持つ必要があります。




「彼をキープした上で、もっといい男を本気で探す。

しかも同時進行で、

彼が結婚になびくように
ありとあらゆるアプローチをする。」




どちらかを”保険”代わりにして安心するのではなく、
両方に全力を尽くす。




これを成し遂げるには、
かなりのエネルギーと精神力が必要です。


何よりも
”したたかさ”が必要です。



気弱な私の場合は、
正直、難しそうです。


が、それぐらいの強さがないと
2つ以上の”目標”は抱えきれないのです。





最後に


「今の彼で婚活のストレスを癒しながら、

今以上の彼を見つけてゴールインしてやる!!!」


ここまでふっ切れたら、
彼がいながらの婚活もプラスに働きます。



が、
たいていの場合は
中途半端な動機の婚活は
無駄な労力を使うだけで終わることが多いです。



彼と別れて本気の婚活をするのか、
彼との関係を続けるのか…


はっきり決めましょう。





まずは
自分が1番求めていることを知ろうとすること。

もしくは自分の望みの優先順位を知ること。


そうすれば、
無駄に焦って不安になったり、
彼の前で自爆する可能性も少なくなります。



そして、
自分の望みや目標に、全力で向き合うこと。


彼の存在や中途半端な婚活を、
自分の逃げ場にしないこと。





彼がいるけれど婚活を始めるか悩んでいる人に、
必ず知っておいてほしいことを
今日はお伝えしました。





もちろん、今彼がいないあなたにも
知っておいてほしいことです。



目標は
シンプルに、かつ明確に!



それが目標を実現させるための近道です。













ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。









小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*