結婚と恋愛の”相手を選ぶ基準の違い”と結婚生活で”大切なこと

少し前までの私は、とにかくモテたいと思っていました。

あなたにも
そんな時期はありましたか?



モテるようになれば、
自分の手持ちのカードが増える。

選択肢が増える。



多くの選択肢の中から
1番「いい人」を選んで結婚すれば、
きっと幸せになれる。



そう信じていました。




まったく逆の人もいます。

大昔の私もそうだったのですが笑。


「私の運命の人はどこにいるんだろう?」
心のどこかでそう思っていた。


積極的に、身近なところで
”モテよう”という気持ちもなかったですね。

男性とお付き合いすることにも
積極的ではなかったです。


だって「いい人がいないんだもの」。


”私の理想の男性”には、まだ出会えていない。

その人を待とう、という感覚でした。

「いい人」に固執する心理


「とにかくモテたい」か
「理想の人を探している」か。



だいたいの人が、このどちらかの感覚じゃないかな?


その両方を経験してきた私としては…
どちらもオススメしません。




この両方の考え方に共通しているのは、
「いい人」を選ぼう、という考え方です。


”絶対的に”、もしくは”相対的に”いい人を
選ぼうという感覚なんです。


「選ぼう」という意識の下には、
強いこだわりや基準があります。



言いかえれば
男性を「上からジャッジ」しているんです。



まぁ端的に言えば、
頑固ってこと!ですね。




オススメの「男性との付き合い方」


今の私は全然違う感覚です。

私は、男性にケチをつける権利も権限も
自分にはないって思っています。


ですので、”相当な”地雷を踏まない限りは
私は周りの男性に対して平等で優しいです。

選り好みはほぼないです。


自分がそのスタンスでいると、
そのゆるいオーラで笑、

結果として
色んな男性から大事にしてもらえます。



そして自分に興味を持ってくれた人と
2人の関係を築きながら、

「一緒に未来を創っていけそうかな?」を感じるようにします。


そうすれば、
選ばなくても勝手に答えは出てきます。




相手の男性に、「いい」「悪い」はないんです。

どの男性と付き合っても、
勝ちも負けもない。


人間関係、特に
男女の関係は「化学反応」です。


その化学反応の結果、つまり

「2人の関係を築いてみてどうなのか?」
素直に感じてみることをオススメします。


※とにかく手当たり次第に付き合ってみることを
オススメしているわけではありません。

ご飯やデートに行く関係で十分。




結婚生活で大切なこと


結婚生活で大切なのは、
「相手」ではありません。


意外かもしれませんが・・・



「相手との関係で生まれてくるもの」
が大事なんです。


主なものは信頼関係ですね。

2人でいることによる安心感もそう。


「一緒に未来を創っていけるか」も大事。



これが恋愛との大きな違いです。


恋愛は、
「どんな相手と付き合うか?」が大事。

「相手が魅力的かどうか」が大事。

「今」が大事、ですからね。




最後に


外に出会いを求めまくっても、
自分と縁がある男性は、

結局のところ
自分と同じようなレベルの人。


まずは身近な男性を
男性として意識してみましょう。



自分の身近にいる男性=今の自分
のレベルですから。


運命の人を探し続けて、
「青い鳥症候群」にならないで!




そして、男性を
できるだけジャッジしないようにすること。



「どんな彼か?」よりも、
「彼との関係で何が生まれるのか?」の方が大切。


あなたとの関係を築く過程で
お相手の男性が大きく変わる可能性もあります。

化学反応の結果、ミラクルが起きるってこと。



常に、謙虚にそして素直に…
男性と接しましょうね。




私が常に意識していたことは、
「水」のような女でいること。


透明でみずみずしく、柔らかく
どんな形にも形を変えられるような…。


柔軟性がある女性は、
どんな男性から見ても魅力的です。 
 

柔軟性がある、ということは
感性が若いということ。


女性から見ても
そんな女性は魅力的に映るはずですよ。







ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。






小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*