結婚までたどり着けないあなたに伝授。”現実”との正しい向き合い方

結婚したい、と何年も言い続けながら
5年以上彼氏ができない知り合いの女性がいます。

彼女は、誘われればコンパにも行きます。

男性不信でもありません。

ただし、自分から積極的に
婚活のための行動をしたことは、

私が知る限り1度たりともありません。




聞いていると、「〇〇歳までに結婚したい!」の〇〇の部分が、
だんだん大きくなっています。




「30歳までに結婚したい!」


あるいは「35歳までに結婚したい!」


そう目標を掲げている女性は
世の中にゴマンといるでしょう。


ただ、一体そのうちの何パーセントの女性が、
その目標を達成しているのでしょうか。





目標というのは、
それに向かって「行動する」ためにあるものであって、

「妄想の中での”将来の私”を夢見がちに語る」ためのものではありません。





まず現実を受け止める


彼女の今の現実は、

「(夢を語り続けて)誰とも交際することなく5年が経過した。」

それ以上でもそれ以下でもないです。


向き合いたくはないかもしれないですが、
まずは現実を受け入れること。


現状を知ることなしに、
目標へのルートは設定できません。



現実を認識したら、
「何か」を変えなくては
その目標を達成できないこと
に気がつくでしょう。


「今までと同じ」を繰り返していけば
かなり高い確率で、

今までの延長の変わらぬ5年後のあなたが待っています。




見た目の効果なんて、たかが知れてる



その変化の方法は、
「見た目を整える」ことではありません。

「行動をする」ことです。




ファッション、メイクを変えることで
女性のセルフイメージが変わることは、

よくわかります。




でも、それが”婚活成功の肝になる”とは
思いません。



婚活や結婚に悩む女性、何十人のお話を聞いてきましたが、
慌てて見た目を整える必要があるような女性は
1人たりともいませんでした。



むしろ、「なぜこの人が?」と思うぐらいのキレイな方も
結婚できないと悩んでおられます。



つまり、おそらく
このブログを読んでいるあなたも
見た目を整えることが先決ではないでしょう。





セルフイメージが上がることで、
行動を”加速”させる要素があるかもしれませんが、

行動を起こせていない人が外見をブラッシュアップしても、
それは遠回り、時間のロスでしかありません。






婚活における見た目のパワーは、
料理の味を整える、スパイスのようなもの。

料理そのものがなければ、
そのスパイスは何の意味も持ちません。





最後に


まずは、婚活のスタートラインに立ちましょう。

それは「行動を起こすこと」です。


自分の「現状を受け止めること」です。



結婚できていない自分、
彼氏にフラれた自分、
デートではなく女子会にばかり行っている自分…



少しつらいかもしれませんが、
現実に向き合うことから全ては始まります。





夢を語るだけで、夢が叶うなら、
世の中はエライこと!になっていると思います。


そんな世の中が楽しいんだかつまんないんだか、
私にはよくわからないですが、

現実のこの世がそうではないことは確かです。







”適切な場所”で”適切な婚活”をすれば、
遅くても半年以内に「いい感じ」になる男性が現れるはず。



行動を起こしているのに
その状況が叶えられていないなら…

「今のままの行動を続けていてもダメ」ということですね。


行動を変えましょう。


それは婚活方法を変えることかもしれないし、
婚活の知識を仕入れることかもしれない。

はたまた、あなたのマインドセットをすることかもしれません。






さて、あなたは今
どのステージにいますか?




P.S.


どんな行動をしていけばいいのか?がわからなくなったら、
婚活アドバイザーなどのプロに相談するのが1番だと思います。




自分ほど、
自分自身を客観視できない存在はないからです。


※”成婚”がゴールの結婚相談所の方は
あまりオススメしません。



客観的なアドバイスをもらうことで、
色んな方法を試しまくるムダな時間が省けます。


人生は「時間」からできています。



時は金なり、
いや、それ以上ですね。 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

 
ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。







小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*