30歳目前の今だからこそ婚活に欠かせない、「こころの柔軟性」

年齢は、
婚活女子の誰もが気にするポイントですよね。


なんでもっと早く、
婚活始めなかったんだろう?

やっぱ若くないと、婚活ってうまくいかないよね…


そんなお声がちらほら聞こえくる、今日この頃。


「年齢」「若さ」より大切なことをテーマに
今日はお送りします!



やっぱ、若いっておトク?


婚活、特に「お見合い」をするのであれば、
「若さ」「年齢」というのは
非常に重要なファクターになります。


もちろん、
学歴や職歴や家柄も大事なファクターではあるのですが、
それは男性によって
重要さ具合に大きくバラツキがあります。


年齢や容姿というものを気にする男性が、
層として1番多いのは事実です。


お見合いでは、
「釣書」という書類選考に合格しなければ、
男性と会えません。


つまり、釣書にはのらない
自分の魅力や人となりを知ってもらうことは出来ないんです。



ですので身も蓋もない話ですが、
お見合いをするのなら

数字として表れる「年齢」は、
大切なキーポイントになります。


ただ、若ければいいというワケでは
ありません。


男性の年齢によって、
同じ女性の年齢でも
それがどう効いてくるのか?は変わるから。




気になるのは見た目の若さ?


次にみなさんが気になることは、
「見た目の若さ」でしょうか。

これは、プライベートの恋愛から結婚につなげたい方も
気にするところですよね。


私自身、年齢を重ねるにつれ、
若かりし頃の”当たり前”が、本当に羨ましい。


ピンと張ってツヤがある肌、
ハリのあるボディライン、
ピンクのオーラ!


でもね、そんな見た目の変化より、
もっと気にしなければならないことがあるんです。



もっとも大切なのは…


30代が目前に迫ってきた、20代の終わりごろ。

私はモーレツに焦っていました。

私自身は何も変わらないはずなのに、
相談所から紹介される男性の数が激減しました。


そう、自分ではどうすることもできない、
「年齢」の壁を感じて辛かった。



でもね、
1番私がヤバイんじゃないか?と気がついたのは…

自分の「こころ」の劣化。


紹介される男性の数は減っていくのに、
男性に求めるレベルが明らかに高くなってる。

そして、頑固になってきている。


「おごってくれて当たり前」
「ホテルに食事に行くのが当たり前」
「いい車に乗っていて当たり前」

いつの間にか、
今までの経験が仇となって、
いろんな男性のいいところばかりをつなぎ合わせた理想像ができている。


毎回
”引き算”で男性を見ている。



いろんな恋愛経験が仇となって、
アツい恋が出来そうな相手以外は男性に見えない。

男性との間には、
”激しい恋愛感情”を求めてしまってる。



大学生のときには、
自転車で駅まで送ってもらうだけでもキュン!としていた私はどこへ?



10年前の私なら。

もっと純粋な気持ちで、
目の前の男性を見れたんじゃないだろうか。


男性がくれるささやかな優しさに、
もっと素直に喜べたんじゃないだろうか。


年齢よりも、見た目よりも、
「こころ」の柔軟性が失われてる…


紹介される男性や、その数が問題なんじゃない。


この私の
”こころの劣化”が問題だ、と。




最後に


婚活をうまくいかない原因を、
年齢のせいにしたくなる気持ちはわかります。

もちろん、若さは
時と場合によって”キョーレツな武器”になります。


ただ、たとえ釣書上で年齢が不利だったとしても、
結婚していく人はしていきます。

そして
幸せな結婚生活を送っていく人もたくさんいます。


世間で言われる、
〜歳で結婚できない人は〜ほとんどが生涯未婚、という統計学も
気にしなくていいです。


大事なのは、
「どんなあなたでいるか?」



以前の私は、
本当に可愛いげのない、
プライドが高くてイヤ〜なオンナでした。


もちろん、表面的にそんなことはお首にも出していなかったつもりだけれど、
長く一緒に過ごす恋人や親友にはバレていたと思います。


両親が、
私に手を焼いて心配していた理由が
今ならよくわかる。


そんな私が変わっていったのは、
うまくいかない婚活に真剣に向きあったから。


そして、「こころ」の柔軟性を取り戻して、
素直な自分になろうと決めたからだと思います。


年齢を気にするよりも、
みずみずしく若い「こころ」でいよう。




小さなことにも喜ぶ。

楽しいことがあれば
思いっきり笑ってみる。

素直なきもちで
まわりの人と接してみる。

自分の、まわりの人の、
可能性を信じてみる。

自分もまわりも上からジャッジしない。

楽しい、悲しい、嬉しい、寂しい、
そんな感情を
アタマで考えすぎず、感じるようにする。

ノートに書き出す。

身近な人に、そっと伝えてみる。



これを毎日意識するだけで、
あなたの「こころ」は大きく変わっていくはずです。



年齢を重ねれば重ねるほど、
身体と同じように自然と「こころ」もかたくなる。


そうならないために、
毎日少しずつの積み重ねをしよう。


これぞ真のアンチエイジング。

永く魅力的であり続ける女の秘訣だと
思っています。


小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*