婚活がうまくいかないのは年齢のせい?悩むアラフォー女子へ忠告!

読者の方からのメッセージには、
色々なものがあります。


「お茶会に行きたいけれど、
アラフォーの私は馴染めないと思う。」


「もうこの年齢だと、
婚活パーティでは透明人間の扱いです。」


そんな年齢に関しての、
諦めにも近いようなメッセージやお悩みを頂くことも多いです



でも私は思うのです。

『それって本当に”年齢のせいなのかな?』と…


アラフォーだから「場になじめない」、
アラフォーだから「男性に相手にされない」


ここには論理の飛躍があるのではないでしょうか。




口ぐせに要注意!


ことあるごとに、

『私、もうアラフォーだから。』

『私、バカだから。』

『私、可愛くないから。』

『私、デブだから。』


などの、
”ネガティブな自己定義”を口にしていませんか?


もしあなたに少しでも思い当たる節があれば、
即刻やめることをオススメします。



知っておきたい、この理論


「ラベリング理論」と言われる心理学用語があります。

それは、人は
”レッテル通りの行動をする”というものです。

この法則は、自分で自分を定義した場合にも
発動します。


たとえば、先ほどの
「アラフォーだから」のお話でいえば、

アラフォーでも、アラフィフでも、
モテモテの女性はいます。

バツイチでも子持ちでも、
モテる女性はモテます。


年齢が理由で、
絶対的にモテないワケじゃないんですね。



でも、「アラフォーだから」

そう何度も口にすることで、
婚活に積極的に向き合ったり、本気で自分を磨こうとしなくなります。


年齢をたてに、
逃げ場を作ってしまうんです。

結果として
本当に「男性に相手にされないアラフォー」になります。



年齢を言い訳にしていませんか??


『私、アラフォーだから。』

『私、ブスだから。』


そう口にすることで、
本当にオバさんぽい上に、ブサイクな人間が出来上がります。


オバさんで、かつブスなイメージがつけば、

年齢以上に老けていても、
美しくなるための努力をしなくても、許される気がするからです。

無意識のうちに。


ネガティブな自己定義をするたびに、
自分にレッテル貼りをしているのと同じ。


そしてそのネガティブなレッテルが
あなたに努力を放棄させ、
その通りの自分を創り出しているのです。





レッテルは書き換えられる


他人からつけられた
好ましくないレッテルがある場合。


そのような場合でも、
自分でそれを書き換えることができます。


なぜなら、
自分で自分を定義づけたり
レッテル張りをする回数が1番多いから。

そして
自分の発言は、自分でコントロール出来るからです。


もし、何度も繰り返し、
あなたにネガティブなレッテル貼りをしてくる他人がいたら…

多少の人間関係は失ってでも、
全力で距離をとりましょう。

それだけの価値は十二分にあります。



同じレッテル貼りをするなら…


人は”自分のイメージ通りの自分”でいようとします。

自らのアイデンティティを守ろうと
選択・行動するのです。


ですので、同じレッテル貼りをするのなら、
「魅力的で美しい私」のレッテルにするのはどうでしょうか。


そうすれば、
そんな自分にふさわしい選択や行動を
自然とするようになっているはずです。


(少なくとも、イライラを周りにまき散らしたり、
ジャンクフードを食べ続けたりはしないはずです。)



最後に


ネガティブな自己定義やレッテル張りが、
「ネガティブな現実を創りだす」という事実。


逆を言えば、
明るい未来も自分自身で形づくることができる、ということです。


同じ創るなら、素敵な未来を形づくりたいですね。


言葉遣いと発言は慎重に!
そして大切にしましょうね。










ランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。
応援よろしくおねがします。






小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*