既婚女子の結婚のホンネ。不倫についてもう一度考えてみた。

昨日upした、
不倫中の未婚女子に対しての記事にて。


『耳がイタイ、
その気持ちを、
私もイタイほどわかってる。』

そう、書いたのだけれども…


記事をupした、
数時間後に気がついた。


「当事者になったことのない私が、
その子たちの気持ち
わかるわけないじゃん。」

って。


そのあと、
めっちゃ申し訳ない気持ちになったよね。

うん。

だから昨日の記事を読んでくれた
不倫中の女子、
不倫の経験のある女子たちへ。

知ったかぶりしてごめんなさい。


私には
当事者の気持ちがわかんないや。







でも…
私には、
そのお相手の男性の気持ちが何となくわかる、
ような気がする。

と言って許されるかしら。


なぜって
私も結婚しているから。

男と女での感覚の違いはあれども。








正直なところ、
「相当オイシイとこもって行ってんなー‼︎」

そう不倫中の既婚男性に対して
私は思う。


絶対に楽しい。
奥さんを交えた、修羅場と化さない限りは。


恋愛は人生で何回しても楽しいし、
できるものなら
今すぐでも私もしたい笑。

彼のことが一番大事、というのは変わらないけれども
恋愛は楽しいに決まっているもの。


そして
結婚しているから、と女の子に先に伝えていたら。

家庭を優先する了解の上の関係だし、
それでも自分と付き合いたい若い女の子がいるなんて
何だか征服感まであって
楽しそうすぎ‼︎


これは私の感覚が男っぽいからかもしれないけれど、
メインとサブがあるなんて最高だ。







たまーに彼とケンカして
泣きすぎて目が真っ赤に腫れてパンパンになった時とか、
独身の昔は良かったな〜と思う。
(それは一昨日のわたしだ。)


当時は彼氏とケンカしても、
慰めてくれるとこがイロイロあったもんなぁ。

向こうもこっちも結婚してないから
気楽なもんだったよなぁ。




男も女も、
何もかも失って
一人になるのは怖いんですよ。

だから、
結婚という肩書きに守られて、
こっそりサブの女の子を作るのが
一番楽しいに決まってる。



そして背徳感。
これも実に美味だ。



男と女の、
スリリングな駆け引きや甘い時間って
ホント楽しいもんね。

私だって味わいたいよ。



自分だって、
しようと思えばできることも、
いつでも堕ちていけるのもわかってる。



でも、そこは
私は約束を守る、と決めたから。

それだけなのだ。
結婚生活の貞操を守るかどうかなんて。

薄皮一枚で、
つながっているだけに過ぎない。


私がこう思うってことは、
彼もそうに違いないだろうな、とも思っている。

男性の方が、
そういう欲は絶対に強いから。



私が妻の座を得たからといって、
彼の一番の女性の座に、
常に自分がいる保証なんて
どっこにもないのである。


そりゃぁ、彼にだって
違う女の子と結婚してたら人生が変わったかも、
と思うような日も、
新しく胸がときめくような出会いも、
あるに決まってるもんね。

長い人生なのだから。


ただし、私は
彼が一線を超えた時に
その妻の座を降りる覚悟はしてる。

我ながら不器用な生き方だとは思う。







彼とのケンカに疲れて
何も手につかなくなった私は、
久しぶりに昨日実家に帰った。


彼は私の家族ではヒーローなので、
(あだ名はディーン)

別に彼とのケンカについての報告も
話も家族にしないだけど…


何かの折につけて
『しずかちゃんは本当に幸せねぇ。
あんなに優しい旦那さんがいるもんね。』
と母がしみじみ言うので、

『ま、一寸先は闇だけどね。』
そう素で私が答えたら、
母が硬直していました笑。


いや、でもホント。
貞操なんて簡単に飛び越えられるのだ。

人の心の弱さと、
タイミングさえ重なれば。

特別な人だけがするモノでもない。








私は、どうしても
『誰かの圧倒的な一番になりたいから、
未婚の時に不倫はしようと思わなかった』と
昨日書きました。

我ながら、
なんだかとってもガメツイぞ、
と思ったのですが。


でもさ、
世の中で一番になれることなんて、
まぁないじゃないですか。


職場で営業成績トップになる?
東大に行く?
ミスコンに出る?


そう簡単になれるものではないし、
上には果てしなく上がいるのが
この世の中だ。


男女関係でぐらい、
私を一番にさせてよ。


こう書けば書くほどガメツイ感じがするけれど。

でもさ、
本当のところ。


”誰かの一番になるチャンス”だけは、
みんなに平等にあるって思うと
なんだか素敵な感じがしませんか?




そう思うと、
男と女の間にしか成り立たない
この関係。

吹いてしまえば飛ぶような、
不安定で儚い、
貞操を守るこの約束。


その上で成り立つ
夫婦の関係が、
何だか愛おしく素敵だなって思うのだ。


時に面倒くさく、
足かせのように感じようとも。





小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*