「恋愛=結婚」の公式に長年苦しんできた私が辿り着いた、恋愛の定義

恋愛と結婚


私は、「結婚」と「恋愛」を
明確に分けて考えています。

というのも、私にとって
それはイコールではなかったから。


厳密に言うと、
「恋愛=結婚」にしたくて10年努力しましたが、
私の場合はそれが成り立たなかった。


そんな風に彼と結婚したけど、
私は毎日幸せ。

むしろ、そんじょそこらの恋愛結婚した夫婦より、
ずっと幸せに暮らしている自信があります。


だからね、
私は皆さんに
「結婚と恋愛は別」という考え方もある、ということを
広く知ってもらいたいんです。


婚活している当時の私には、
そんな情報、同年代からは1つも入って来なかった。


私は、
「結婚=恋愛」という現代の常識、方程式
10年間の婚活中、ずっと苦しめられ続けてきた、と言って過言ではないかもしれません。



もちろん、
「恋愛する機会を増やして、
結果として結婚できる確率を増やそう!」という考え方も、間違っちゃいない。


でもさ…
「恋愛=結婚」の考えが広まった結果、
日本がどうなったか、って言ったら…


「未婚率」の上昇と、
「離婚率」の上昇、です。

みんな、気がついてる?




結婚ってなんだ


「結婚」というものは、
単なる「契約」、

社会的な制度・法律上認められた男女関係のことを指すだけなんですね。


そこに、「恋愛」を必須項目として付け加え出したのは、
日本では戦争が終わってから。


ごくごく最近始まったトレンドであり、社会現象なんです。


私は、この現象を
恋愛至上主義、と名付けてる。


もちろん、恋愛は全世界の人間の永遠のテーマではあるんだけれど

ここまで日本が恋愛至上主義に偏っているのは
つい最近のことなんです。



日本の結婚観


もともと、日本や中国といったアジアの国では、
儒教の影響もあり、

「結婚」=家どうしのもの、親どうしの取り決め
という考えが根深かった。

だから簡単には離婚しないし、できない。


相手の男性のスペックを重視するのは
その時の名残です。



反対に個人主義のヨーロッパでは、
当人同士が「愛に基づいてする」もの、
それが結婚。

だから「愛」がなくなれば離婚する。


今の日本はまさにこの2つの「結婚」の概念が
無秩序に入り乱れた状態。


相手に
「学歴・収入などのスペック」を求めながらも、
「恋愛」ありきじゃないと嫌だという。


納得するスペックの相手と恋愛して、
なおかつそこから結婚につなげようとするだけで
結婚のハードルがべらぼうに上がる。

しかもそこに「恋愛」要素がなくなったら、
離婚する。

そりゃあ未婚率も、離婚率も上がります。



ぶっちゃけ、
「恋愛からの結婚がしたい!」というのは、

「お金が欲しいんですけど、
働きたくないので宝くじを買って当たるのを待ちます。」

って言ってるのと一緒。


なくはないけど、
確率が低い。




最後に


「婚活って、恋愛するんじゃ
ダメなんですか?」って聞かれることもあるんですけど、

もちろん恋愛でOKです。


ただし、そこから結婚を目指すなら、
トコトン「恋愛」にこだわってほしい。


相手のスペックにはこだわらない。

もしその恋愛が「結婚」につながらなくても、
相手を恨まない。

これだけは約束してほしい。


「恋愛」をすることでしか知れない、
心や感情のヒダってあると思うんです。


だから「恋愛」ってすごく素敵なものだと思うし、
私は大好き。


だからこそ、
「先を考えて」とか「スペックが」とか、「安定してないと」っていう
”打算”を入れたものを
「恋愛」とは呼んでほしくないんです。




「恋愛」に”打算”という強烈なエゴが入った時点で、
それ、純粋な「恋愛」じゃない。



「恋愛」を勘違いしないでほしいっていう
私の切実な願いです。



「結婚」がしたいのなら、
「恋愛」に固執しなくてもいい。

ただし、
「恋愛」を純粋に追いたければ、
自分自身の経済的自立は必須です。



「恋愛」をエサにして、
「楽をしたいので」条件のいい男性と結婚したい。

ハッキリ言ってこれは不純。

生き方としてダサいです。




さて、
あなたのしている「恋愛」は
本物の「恋愛」ですか?



「恋愛」という名でオブラートに包まれた、
「エゴ」にまみれたあなたの”執着心”ではありませんか?





ブログランキングに参加中!
皆さんの応援クリックで順位が上がります。




小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*