「私ってやっぱり男運がないのかも。」そう感じる婚活女子へ。

女子との会話で必ずっていいほど
出てくる会話。


「〇〇ってさ、男運ないよね。」

「あの子って性格いいのにさ、男運だけ悪いから。」


同情なんだか、慰めなんだか。

会話でよく出てくる、
この”男運”という言葉。


よく考えたらきちんとした定義って知らないなぁ。

そう思って調べてみました。

goo辞書では
『その女性が、どんな恋人・夫にめぐりあうかの運勢。』
と書かれていました。


ふーん。

でも、なんか腑に落ちないな。


だって、よく考えてみてください。


『めぐりあうか』って書いているけれど、

誰と付き合うのか
誰と結婚するのか


それって今の時代、
選べませんか❔









私は、プライベートでも
よく恋愛相談を受けます。


そしてなぜだか、
クラスにいたら間違いなく目立つタイプ。

モテる美人の相談をよく受けるのだ。


私にとって大変ありがたく
名誉なことではあるけれど、
相談を受けながらビックリすることも多い。


だって、
彼氏が途切れなかったり、
みんなが羨ましがるような彼氏といつも付き合っているような子すら
悩んでいるのだもの。


彼女たちがモテるから幸せなのか、というと
そうでもなさそう。

それぞれに悩ましいのだ。







先日相談を受けていた彼女も
その一人。


彼女はパッチリとした大きな目に、
真っ白で綺麗な肌。

間違いなく、どこでも目立つ美人。


学生時代の後輩なのだが、
その頃から
みんなが知っているような
カッコイイ先輩との話があったし、

卒業してからは、
コンパに行くたびに
ドクターの彼氏ができる。


だいたい私には、
そんなたくさんのコンパの話、
こなかったけどな笑。

閑古鳥、ないてたよ。




男性にとって
(自分は付き合わないにしろ)
彼女は、
自信を持って友達や先輩に紹介できるので

コンパや紹介の話が
途切れないんだと思う。


羨ましいなぁ。





で、その彼女。

昔から
すぐに彼氏ができるのだが、
スパンが短い。


彼女としては
最長の長さ付き合った彼氏と半年ほど前に別れ、

新しい彼氏とも3ヶ月で別れてしまったそう。



私は、彼女のことなので
全く心配していなかったのだが…


『私って、男運が悪いんです。
もう結婚は無理かもなぁって思っています。』


と真剣な顔で言われて
ビックリ仰天‼︎


お〜〜〜〜い、まだ20代だよね‼︎



でも、そうだわな。




彼女にとっては、

別れた彼氏の数
=絶望と失望の数


なんだもの。


華やかに見える彼女の人生にも、
苦労やコンプレックスがあるんだなぁ。



そこで、私が思ったのが…

『男運』ってなんなんだ❔

という、この疑問だったのだ。



彼女は本当に、男運が悪いのだろうか。






何十年も昔なら、
結婚は親が決めるものだった。


顔も知らない相手と、
結婚することだってあった。

しかも女性には生活力がなく、
離婚することは厳しい。



女性に選択権がなく、
耐えるしか方法がないような時代に
”男運”という言葉ができたんじゃないだろうか。



でも今の時代は違う。


何人もの候補の男性から、
”彼”を選んだのは
彼女であるのに間違いはない。


いくら言い寄られても、
その男性を”断る”という選択が
彼女には出来たはずなのだ。






彼女と同じように、

『私はいつも男性に裏切られる。
不誠実な男ばかり引き寄せる。
男運がないんだ。』

そう思っているあなたへ。



交際を受け入れたあなたの、
”男性を見る目”は確かだったのかしら❔

ここについて考える必要があるんじゃなかろうか。






その一。

彼の容姿、収入や条件に
目がくらみませんでしたか❔


彼にごくごく平均的な収入しかなかったとしても、
彼と一緒にいることで
幸せになれると思いましたか❔




この質問に
”yes”とは言い切れない。

彼の容姿、収入や条件が違えば、
彼を選んでいない。

そう思ったあなた。



この世の中で生きていて、
人をフラットな目で見る、というのは
ものすんごく難しいことではある。

それはよ〜〜〜〜〜くわかる。



でも、あなたが本当に
満たされた結婚生活を永く送りたいのなら。

この努力は忘れちゃダメ。


そして、
お付き合いすることになった
あなたと彼は、
鏡の関係にあります。

引き寄せの法則ともいいいますね。


つまり、
彼もあなたのことを
条件ありきで見ていた可能性が高い、
ということなんです。


”若いから。”
”美人だから。”
”自慢できるような職業についているから。”

これはモテ子に多いパターン。


もしくは、
”付き合うのに手頃だったから。”
”ちょうど彼女がいなかったから。”


そんな条件で、
男性に好かれたくはないですよね。


人にされて嫌なことは、
出来るだけしないこと。

だって鏡にうつるように、
あなた自身に跳ね返ってきますから。



あなたが彼を本当の意味で
彼を受け入れる気がなかったんだもの。

時間の経過とともに
あなたも満たされなくなって当然ですよね。





その二。

今までに同じような男性と付き合って、
同じような目にあったのに、

性懲りもなく
同じタイプを選んではいませんか❔




人の好みのタイプは
よほどのことがない限りは、
すぐには変わりません。


だから、
不誠実そうな男性を
毎回選んでいる可能性もある。


『この前の彼はだめだったけれど、
今回の彼は大丈夫なはず‼︎』


そう思いながら同じタイプの男性を選んでいたら
それはあなたのチョイスミスです。

残念ながら。


同じ香りのする男性は、
やはり中身や性質も似ている可能性が高い。


それを、『今度こそ!』と突き進むあなたは、
私から、ドMの称号を与えましょう笑。


そして、
『私と付き合うことで、
彼も変わるかもしれないから!』

そういう少女漫画的な期待をするあなたにも
同じく。


一人の人間の性質を変えられるほど、
あなたにパワーや能力はありません。

残念だけれども
それが事実。


そういうところに
エネルギーと母性本能を使うのは
やめましょうね。




その三。

肩書きで男性を判断していませんか❔


「国体に出るほどスポーツを頑張っているので、
真面目な努力家だと思った。」


「小さい頃から苦労して
医師を目指してきた彼は、
誠実な人にちがいないと思った。」



おいおいおい。
どれだけ夢見てるんだよ。


そうツッコミたくなりますが、
みんな、
自分と全く違う経歴や職業の人には
幻想を抱きやすいみたい。



人間の経歴と人間性は、
残念ながら全く関係ありませんから。


私はこの手の幻想は、
18歳で大学入学してスグに
崩れおちましたけどね‼︎


ちなみに、偏差値が高いからといって
本質的な意味でも頭が良いかも、
全く別モノです。



日本トップクラスに賢い方々、
社会的地位のある方を
存分に見てきた私が言うので
間違いありません。

自信アリ。







結論。



”男運”という言葉は
今の時代には古い。



男運が悪いから、は
あなたの言いわけでしかない。



あなたが不誠実な男性に
裏切られてばかりだと思うのなら。


それは、
”あなたが選び、引き寄せた結果”でしかありません。


自分をあわれむのは簡単です。


でもね、それだけじゃ
なんの進歩も発展もないんです。



ほら、やっぱり
今よりもっと幸せになりたいじゃないですか。


だからグチグチ言ってないで
前を向きましょう。




大切なのは、

”今までどんな人生を歩んできたか”

よりも、

”今を、そしてこれからを、どう生きるのか”

ですよ。





メルマガ、始めました♡
ご登録はこちらから。
http://shz.fstml.info/su/blog-article-end-mail




小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメントを残す

*