♡ハイスペックな男性との会話で気をつけて欲しいこと♡

こんばんは。

 

小峰静華です。

 

 

 

 

♡いい女の、外せない条件♡の記事で

 

 

いい女の定義を

 

”飽きがこない、手放したくない女” 

 

だとするならば

 

 

 

 

中身のある女、

 

深い話や魅力的な会話ができる女

 

ならないといけない、ということを書きました。

 

 

 

 

 

{B2C9CCAA-A479-4DA6-8F0C-07E174F63825}

 

 

 

 

『ハイスペックな彼と、深い話や魅力的な会話が出来るように

 

ビジネスや彼の専門分野について勉強しよう‼︎』

 

 

 

 

 

 

そう思う人、たくさんいるんじゃないかなぁ❔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

それ危険です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、男性との会話に必要な知識は

 

ニュースの内容を把握しているぐらいで

 

十分だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、中学高校で学んだことが大体わかればOK。

 

 

 

 

 

 

 

ようは

 

日本語を話しているのに、

 

”常識レベルの話が出来なさすぎてお話にならない‼︎”

 

 

 

 

そういう事態だけ避けたら大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイスペックな男性、というのは

 

たいていの場合、

 

ものすんごく一芸に秀でているわけです。

 

 

 

 

 

 

ですので、頭の中が結構偏っている場合も多い。

 

 

 

 

 

 

ハイスペック=博学な人

 

ではないのです。

 

 

 

 

{63B5812C-5B36-42FD-86CE-E3EF5BDC136F}

 

 

 

 

 

ですので

 

相手の女の子がわからないことがあっても、

 

 

たいていの男性は

 

自分にもアンバランスな

 

知識が欠けている部分があることを自覚しているので

 

 

 

優しく教えてくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

男性は女性に教えてあげるのが大好きですしねピンクハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番注意してもらいたいのは

 

中途半端な専門知識を持って

 

彼の専門分野の話をしようとすること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気のプロからしたら、

 

付け焼き刃的な知識はバレバレだし、

 

かっこ悪さとイタさが爆裂します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も、元麻酔科医ですので

 

医科知識は他の歯科医よりもありますが、

 

 

 

医科のドクターとお話する時は

 

でしゃばらないように

 

本当に気をつけています。

 

 

 

 

 

{03FF2929-0C91-4D4A-AD59-D381DF118426}

 

 

 

 

 

 

もし、彼との関係のために勉強をするのなら

 

彼の専門分野について勉強するのではなく

 

一般常識を仕入れるために

 

新聞を毎日読んだ方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の専門分野の知識は

 

彼の話を理解するため

 

予備知識として仕入れるくらいにしておいてください‼︎

 

 

 

 

 

 

 

専門分野の知識は諸刃の刃なので

 

間違って話に盛り込むと

 

イライラされます。←女の私でもそうだから笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

男性にとっての仕事は

 

やっぱり特別なもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踏み込み過ぎると嫌がられるので

 

基本的には受け身で聞く。

 

 

質問をするときにも

 

予備知識なくできる質問でOKだと思います〜、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”魅力的な会話を成り立たせるには❔

 

については

 

また次回以降でお話しますね流れ星

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




小峰詩瑞香公式LINE@

@nal8960aで検索もできます。

コメント

コメントを残す

*